08054693028

【電話受付】10:00~18:00(不定休)

新着情報

犬が飼い主を舐める理由とは?

コラム

場所によって違う?犬が飼い主を舐める理由

犬を飼ったことのある人は、ほとんどの人が犬に舐められた経験があるのではないでしょうか。舐めるという行為は、犬にとってコミュニケーションの一つです。そのため、舐める場所によって意味が異なります。しかし、その時の状況や、個体差によって、全ての犬が同じ行動をするとは限りませんので、その仔の気持ちを汲み取ることが大切です。

犬が舐める行為にどんな意味が込められているのか、いくつかの例をご紹介します。

 

目次

  • 犬が口を舐める場合
  • 犬が手を舐めてくる場合
  • 犬が足を舐める場合

 

犬が口を舐める場合

 

犬が口を舐めるのは、主に二つの意味があります。

敬意の表れ

犬の先祖である狼は、群れのリーダーの口元を舐めることで敬意や好意を表す習性がありました。犬が飼い主の口を舐めるのもこの習性の名残だと言われています。

餌をねだっている

子犬は母犬が噛み砕いた餌を口移しで与えてもらいます。そのため、母犬の口を舐めて空腹を訴えるのです。大きくなってからもその仕草が残っていて、おやつや餌を催促している仕草とも考えられます。

 

犬が手を舐めてくる場合

 

犬が手を舐める場合、相手が飼い主なら以下のような意味があります。

遊んで欲しい

犬にとって飼い主さんの手は、遊んでくれたり撫でてくれたりする愛着のある部位です。その手を舐めることで、遊びや撫でることを催促しています。

安心感を得ている

犬にとって飼い主さんの手は安心できる部位でもあります。そんな手を舐めることで、安心感を得ているとも考えられます。

 

犬が足を舐める場合

 

犬が足を舐める場合は、手と同様に遊んで欲しいという催促である場合と、足の臭いにひかれて舐めている場合があります。嗅覚が優れている犬は、汗や皮脂の臭いを好む傾向にあり、その独特の臭いを好んで舐めているのです。

 

ご相談はこちら

TELご予約・お問い合わせページトップ

Contact us

08054693028

【電話受付】10:00~18:00(不定休)